MT4の使い方

【MT4】ヒストリカルデータの導入方法。数年間前のチャートで検証しよう

ヒストリカルデータ導入方法

こんにちは、立早ノノノです。

今回は、MT4にヒストリカルデータを導入して昔のチャートを確認出来るようにする方法をご紹介します。

MT4に記録されている過去データには限りがあり、そのままでは何年も前のチャートを見ることができません。

そんな時は、ヒストリカルデータという過去データをダウンロードしてMT4に導入することで、スイスフランショックなどの大きな事件が起きたときのチャートも確認出来るようになります。

基本的にはEA(自動売買システム)のバックテスト(検証試験)で使う事が多いヒストリカルデータですが、過去のチャートを見て傾向をつかむことはすごく勉強になるので、初心者の方には特におすすめです。

それでは、早速手順を見ていきましょう。

ヒストリカルデータをダウンロード

ヒストリカルデータを導入するまでの手順は次の通りです。

  1. ヒストリカルデータをダウンロード
  2. 表示されるローソク足の数を増やす
  3. MT4内の既存データを削除
  4. ヒストリカルデータをインポート

まずはヒストリカルデータをダウンロードして入手しましょう。

ヒストリカルデータの入手には、MT4の開発元であるMetaQuotes社から入手する方法と、ヒストリカルデータを公開しているFX会社から入手する方法があります。

MetaQuotes社のデータは勉強用に

MetaQuotes社の場合は精度がそれほど高くないという欠点がありますが、MT4の中からすぐにダウンロードできるというメリットがあり、とても手軽です。

まずはメニューバーの「ツール」「ヒストリーセンター」を開きます。

ヒストリカルセンター

すると下のような画面が出るので、見たい通貨ペアの1分足(M1)をダブルクリックして選択し、左下の「ダウンロード」を押します。

ヒストリカルデータ ダウンロード2

注意文が出てきますが、そのままOKを押して大丈夫です。

バックテストをするときはFX会社のデータで

FX会社の場合、利用するには口座開設が必要となりますが、精度が高くかなり信頼できます。

勉強目的だけならMetaQuotes社のもので十分ですが、EAのバックテストに使用する場合はFX会社のものを利用した方が良いでしょう。

比較的よく使われているのが、「FXTF」というFX会社のヒストリカルデータです。

FXTFは投資家向けのツールやマーケット情報が充実しており、情報収集がしやすいFX会社となっています。

マイページにログインしたら左の「チャートデータ」から見たい通貨ペアを選択してダウンロードしましょう。

 

ダウンロードした1分足の過去データはcsvファイルで保存されるので、中身を分かりやすい位置に取り出しておきます。

インポートする前の準備

ダウンロードしたヒストリカルデータをMT4にインポートする前に、MT4側で2つほど準備を行います。

表示されるローソク足の数を増やす

まずはチャート上に表示されるローソク足の数を最大まで増やします。

メニューバーの「ツール」から「オプション」を開いてください。

ヒストリカルデータ ツールオプション

次にチャートタブをクリックして、「ヒストリー内の最大バー数」「チャートの最大バー数」「999999999」と打ち込んでOKを押します。

ヒストリカルデータ ツールオプション999999

もう一度オプションを開き、数字がMAXの「2147483647」になっていたらOKです。

ヒストリカルデータ ツールオプションMAX

既存のヒストリーデータを削除する

次に、MT4内に元から入っているデータを削除します。

メニューバーの「ファイル」から「データフォルダを開く」をクリックしてください。

ヒストリカルデータ データファイルを

ここで注意!データフォルダを開いたら、一度MT4を終了させて閉じておきます。

MT4を開いたままだと、せっかく削除したデータがまたすぐに生成されてしまうからです。

MT4を終了させたら、「history」フォルダの中に入り、対象の通貨ペアのhstファイルを削除します。

ヒストリカルデータ 既存データ削除1 ヒストリカルデータ 既存データ削除2

「history」フォルダ内の構成はFX会社によって異なります。

基本的には「(FX会社名)-Live」などのフォルダ内にhstファイルが入っていることが多いです。

これでインポートの準備は完了です。

ヒストリカルデータをインポート

いよいよヒストリカルデータをインポートします。

再び「ツール」から「ヒストリーセンター」を開きます。

ヒストリカルセンター

次に、対象の通貨ペアの1分足をダブルクリックし、インポート」をクリックします。

そうしたら右の「参照」をクリックして先ほどダウンロードしたヒストリカルデータを選択し、最後に「OK」をクリックしたら完了です。

ヒストリカルデータ インポート

最後にチャートを確認してみましょう。

過去の見たい時間のチャートまで一瞬で飛ぶ方法は、こちらの記事で紹介しています。

過去チャートはその時々の投資家たちの思惑がハッキリと出ている貴重な資料です。

うまく使いこなして自分の糧としていきましょう。

次のステップへ進みたいあなたへ
アンゾーキャピタル

「FXを始めてしばらく経ち、勝率もかなり高くなった。」

「そろそろロット数を上げて本格的に稼いでいきたい。」

そう思ったときに立ちはだかるが「レバレッジ25倍まで」「証拠金維持率100%でロスカット」といった国内FXの厳しい規制です。

アンゾーキャピタルなら信託保全やゼロカット保証で資金の安全を守りながら、より効率の高いトレードを実現できます。

  • 2カ国の金融ライセンスを取得
  • 完全信託保全で証拠金を保護
  • 口座内のマイナスを打ち消すゼロカット保証
  • 海外FX業界最狭水準スプレッド
  • 約定率99%の超速約定
  • NDD方式を採用
  • 日本円の入出金に対応
  • レバレッジは最大500倍
  • ロスカット基準20%
  • 1000通貨から取引可能
  • MT4がついてくる
  • 無料VPS利用可能(条件あり)
  • 日本語サポートも充実

自分との勝負に勝てるあなたなら、資金効率は今までよりもずっと良くなるはずです。

口座開設の手順

人気ブログランキングに参加中!

記事が良いなと思ったら、1日1回ポチッと押して応援してくれると嬉しいです。